千葉県船橋市よりiPhone6のガラス割れ交換のお客様ご来店です。

本日は千葉県船橋市よりiPhone6のガラス割れ交換のお客様にご来店いただきました。

image1

お話を伺うと、落とした訳ではなく、カバンにしまっていたところ何かにぶつけて割れてしまったそうです。

当店ではガラス交換、液晶交換ともに40分で修理可能です。
iPhone6のガラス交換修理及び液晶交換修理の修理価格は以下の通りとなっています。

iPhone6ガラス交換
互換品パネル¥7,500(税抜)~
Apple純正品パネル¥12,800(税抜)~
修理価格は2016年11月22日時点

今回ご来店されたお客様はガラスが割れてしまっているだけでその他機能に不具合は見られなかったので、ガラス交換でのご案内になります。お客様には使用するパネルを選んでいただくのですが、
これからも長く使っていきたいとの事で、純正パネルを選ばれました。

image2

無事修理も終了して、お客様も綺麗になった
iPhone6を見て大変喜ばれていました!!

以上が本日ご来店されたお客様の修理内容になります。

千葉県船橋市よりリペアくん船橋店までの道のりは、
JR船橋駅からリペアくん船橋店までは徒歩約5分
iPhone修理のリペアくん船橋店 店舗案内
船橋駅寄りの詳細な経路は上記ページを参照いただければと思います。

余談ですが、
意富比神社(船橋大神宮)はご存知ですか?
社伝では、景行天皇40年、日本武尊の東征の折に当地で東国平定の成就を祈願したのが始まりと言われています。
当時の住民は日照りに苦しんでいて、日本武尊があわせて祈雨を念じると、雨が降り出したとも言われています。
元々同社では、地方の太陽神である意富比神(大日神)が祀られ、特に周辺(東京湾)の漁民の信仰を集めていたそうです。
しかし、後にこの一帯が伊勢神宮に寄進され、御厨となりその守護として伊勢神宮の祭神である天照大神を祀る神明社が現在の夏見台の日枝神社に建立されましたが、御厨の衰退とともに神明社も廃れ、意富比神社に合祀されたそうです。その後、天照皇大神に対する信仰の方が強くなり、次第に意富比神社の社名は忘れられ、船橋神明・船橋大神宮と呼ばれるようになったそうです。
船橋大神宮といえば、元旦に初詣に訪れる人で毎年賑わいを見せていますね。元旦から三日間の三が日は屋台なども出ていますので、初詣のついでに足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

以上、リペアくん船橋店の修理事例でした。

それでは、リペアくん船橋店への皆様のご来店を心よりお待ちしております。