市川市よりiPhone6ガラス交換のお客様

本日は千葉県市川市よりiPhone6ガラス交換のお客様にご来店いただきました。

 

6ガラス

ガラスにたくさんヒビが入っています。液晶部分に問題は内容ですので、今回はガラス交換でのご案内になります

当店でのiPhone6ガラス交換の価格は以下の通りになります。

iPhone6ガラス交換
互換品 9,800円(税別)
純正品 12,800円(税別)
※上記の価格は2月11日現在

本日のお客様は純正品での交換で承りました。

iPhone6の液晶交換であれば、最短40分で修理が可能です。
※修理時間は混み具合により変動しますので、ご来店された際にお尋ねください。他にもご希望の時間等があれば、スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

 

6ガラス修理後

お預りして40分後無事修理が終わりました。
立ち上がったiPhoneを見てお客様も大変喜ばれていました。今回は保護ガラスもお貼りさせて頂きました。
以上が本日ご来店されたお客様の修理内容になります。

iPhone修理のリペアくん本八幡店はJR本八幡駅から徒歩約1分
iPhone修理のリペアくん本八幡店 店舗案内
本八幡駅寄りの詳細な経路は上記ページを参照いただければと思います。

市川市域は、縄文時代の昔より栄えた地域で、市内には堀之内貝塚、姥山貝塚、曽谷貝塚等多数の貝塚があり、その集中度は国内最大級である。また、律令時代には市域に下総国の国府が置かれた。市内の真間に手児奈という絶世の美少女がいたという伝説があり、そのうわさは遠く都にまでとどき万葉集に詠まれるほど有名で、当時は東国(関東)を代表する地域だった。
市川の地に人が住みはじめた歴史は古く、市内北部の台地上には、旧石器時代の遺跡がいくつかある(丸山遺跡、権現原遺跡、今島田遺跡等)。また、貝塚等縄文時代の遺跡は約60箇所にのぼる。さらに、弥生時代の遺跡も何箇所かある(須和田、杉ノ木台、小塚山、宮久保、国府台等)。
市川市の中でも、国府台より広がる高台は、常に市川一帯の歴史を担ってきた。古墳時代初めには小集落ができた(北根、前原、鳴神山、杉ノ木台)。古墳はこのときはまだない。その後、この高台上にも多くの古墳が築かれた。法皇塚古墳(東京医科歯科大構内)、弘法寺古墳(真間山弘法寺敷地内)、明戸古墳(里見公園内)の3基の前方後円墳のほか、国府台近辺だけで約30箇所の古墳があったと推定されている(国府台古墳群)。
その後、国府台に律令制により国府が置かれ、下総国の中枢となった。10世紀には平将門の乱に巻き込まれ、12世紀には石橋山の合戦に敗れて安房国に落ち延びた源頼朝が、上総広常と下総国府で合流して軍勢を立て直した。15世紀には太田道灌が国府台に仮陣を置き、その弟の太田資忠が国府台城を築城した。16世紀には、国府台城は、里見義堯ら里見氏と後北条氏との間で2度にわたり戦われた国府台合戦の舞台となった。
戊辰戦争の際には、江戸を脱出した大鳥圭介が率いる旧幕府陸軍が、国府台に集結した。これに土方歳三らの新撰組も合流した。すぐに大鳥・土方らは宇都宮を経て日光へ向かったが、その後、別の旧幕府軍(撤兵隊)と官軍の戦いが、この台地下の市川から船橋にかけて戦われた(市川・船橋戦争)。
また、1875年(明治8年)には、教育機関の最高学府として国府台大学校計画(この計画は岩倉使節団 に随行して欧米諸国の大学校を調査してきた田中不二麿を中心に「欧米二通ズ真ノ高等大学校」の実現を目指して計画されたもので、現在の東京大学とは別の教育機関として構想されたものだった。)が持ち上がり、具体的な案もまとまり、土地の買収も進められていたが諸事情により実現しなかった。
さらに1885年(明治18年)には都心からのアクセスがよく、渡河訓練をはじめ、各種訓練に適した立地に恵まれていたことから、大学校用地跡に陸軍教導団が置かれた。教導団は1899年(明治32年)に廃止されたが、その後、陸軍の野砲兵連隊・国府台陸軍病院などが置かれ、市川は軍都として栄えた。
終戦後、陸軍の広大な土地は、国立国際医療研究センター国府台病院(旧・国府台陸軍病院)、国府台スポーツセンター、東京医科歯科大学、千葉商科大学、和洋女子大学、筑波大学附属聴覚特別支援学校、千葉県立国府台高等学校、市川市立第一中学校、千葉県血清研究所の各施設に変わった。
国府台以外の地区についていえば、中山地区は、中山法華経寺の門前町として発展した。行徳地区は成田街道の宿場町として、また江戸川水運の中心地として発展した。また、近世における行徳地区の製塩業は有名である。
子供会活動を通じキックベースボールの発祥の地であるほか、ジャパンラグビートップリーグ、クラブチームであるNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの本拠地でもある。(wikipedhia参照)

それでは本日はこのあたりで失礼いたします。
リペアくん本八幡店への皆様のお越しをお待ちしております。